ここことん。
とり




2017.02.24.(Fri)

*こうさぎ

ここ数日、またフォントを作っていました。

性懲りもなくというのか、飽きないよねえというのか。

こねこ文字製作中から構想(というほどのこっちゃないですが)があったもので、こねこ文字を配布まで漕ぎ着けることができたので、お次はと。。

名前はこうさぎフォントにしようかなーと考えています。

なんとなく字面がうさぎっぽい感じが、したもので(個人的に)。


このフォントはですね、とあるカフェのメニューや黒板に書かれていた手書き文字をモチーフとしています。

可愛らしい魅力的な文字だったので、いいなぁとずっと思っていたんです。

とはいえ、そのまんまフォント化というわけではなく、当然ながらアレンジは加えています。

自分で言うのも難ですが、こねこ文字よりはかなり汎用性が高い文字であると思います(^_^;


フォント製作上のお話。

こうさぎフォントはプロポーショナルフォントで、文字ごとに個別の幅を設定したいと思っております。

アルファベットやひらがな・カタカナのみならず、漢字もプロポーショナルで作りたいと。

しかし、いつも製作に使っているTTEditでは、漢字の文字幅は変更ができないのですね。

これには困ってしまいました。

こうさぎフォントの文字の性質上、漢字だけ等幅では、かなと漢字混じりの文を表示した際に格好がつかないんです。

どうしても漢字にも個別の文字幅を設定したいと思い、他のフォント製作ソフトを調べてみました。

まずはFontographer 5。

このソフトは、以前は欧文フォントしか作れませんでしたが、数年前から日本語のフォントも作れるように(Unicodeに対応)なっていました。

ただ日本語版は販売終了で、今購入するなら英語版のみのようでした。

とりあえず試用版を使ってみましたが、漢字の文字幅を変更することは可能のようでした(ようでした、というのは、試用版ではフォントファイルに書き出す機能に制限があり、フォントファイルとして確認することができなかったため)。


それからもうひとつ、Glyphsというソフト。

こちらも、Unicode対応で日本語フォントも作れるし、さらに日本語マニュアルもあり、ソフトも日本語表示が可能。

こちらの試用版を使ってみたところ、漢字の文字幅を変えることができ、きちんとフォントファイル出力もできました。

GlyphsはFontographerより安価だし、買うならこちらがいいのかなと迷っています。

問題としては、Macでは(私が試した範囲では)変更した文字幅が反映されていたのですが、

漢字の文字幅を変更したフォントをWindows7のワードパッドで使ってみたところ、文字幅がきちんと反映されていなかったのですよね。。

Windowsでも、メモ帳やその他のソフトではちゃんと反映されていたので、アプリケーションのフォント解釈?によるようなんですが……。

このあたりの不安定さがあるから、TTEditでは漢字の文字幅はいじれないことになっているのでしょうか。

またもうひとつ問題があり、Glyphsで出力したフォントは、縦書き表示ができなくなっていました(表示がぐちゃぐちゃ)。

Glyphsでも縦書き用の設定をできるのかもしれないのですが、素人のため今のところまったくわからず……。


あっちが出ればこっちが引っ込むという具合で、悩ましい……。

どうするのが最適か、難しい問題ですね。。。



追記:縦書き表示が崩れる点、TrueTypeだと大丈夫で、OpenTypeのみ崩れました。
調べてみたところ、OTEdit上で『Y極大点』を設定する必要がある?ようでした。
後日確認してみます。。
漢字エディットキットのOSX版があればなぁと思ったり……高いけど。。



2017.02.14.(Tue)

*あいたくて

2月も中盤。

先日が亡き父の誕生日だったので、生きていたらいくつになるのかなぁと数えてみたら、67歳(多分)でした。

すっかりおじいちゃんですねぇ。

父は52歳くらいで亡くなったため、私は父が定年してゆっくりする姿というのを見ていません(40代後半に事故に遭い、半身不随になり要介護だったため、定年せずとも自宅療養していましたが、、)。

数年前、幼なじみ宅へ遊びに行った時、友人のお父上が(定年されて)ご在宅だったのですが、

そうだよなぁ、うちのお父さんも元気で生きていれば、もう定年退職しているんだ……

としみじみ感じてしまったことがありました。

うちの父は煙草は吸わねど お酒大好きで飲まない日はなかった人なので、どう見ても長生きできそうになかったわけですが、、せめてもう少し長生きして欲しかったですね……ホント。



2月初め、宮城に住んでいる友人に会いに行きました。

この友人に会うのは、実に8年ぶりでした。

でも全然変わっていなくて、話せば楽しくて、嬉しかったです。

ちょうど今の娘の歳の時からの友人で、私が引っ越してもずっと手紙をくれて、引越し先が数駅しか離れていなかったため時々会って遊んで、今まで交友があるのです。

とはいえ小学生にとって数駅先はかなりの距離でしたから、、手紙をやりとりし続けてくれた友人に感謝。。

よくもまあ小学生の時からの縁をずっと繋いでこられたなぁと、ちょっと奇跡的に感じてしまいます。

前述の幼なじみにしても。

今回改めて思ったのですが、会いたい人には、会える時に会っておかないと、ですね。。
娘が塾の新五年生になり、てんてこまい、です。



2017.02.02.(Thu)

*もじがないの。ごめんね。

grp0202131338.png 143×180 10K


twitterで、ことり文字の対応していない文字を入力したときに「もじがないの。ごめんね。」というメッセージが表示されるというお話がありました。

作者である私も、すっかり忘れていました(^_^;

どうやって入れたんだったかな?? (このメッセージを)消した覚えもないけど、今配布しているフォントにはそんなメッセージを入れていた記憶はないな……

でも、「もじがないの。ごめんね。」には、見覚えがあるし……と。

どうだったかなぁと確認してみたところ、これは旧ことり文字のCID版にのみ入っているメッセージでした。

つまり、私が入れたものではなく、CID版への変換作業をしてくださった、ワム・サポーティング(今はワム・サポーティングではなく、REN FONT)の金井智勢さんが入れてくださったものだったのでした!

智勢さん、その節はありがとうございました。

実際のところ、今も対応していない文字部分にはそのメッセージを入れたいところなんですが(笑)、対応していない文字部分すべてにコピー&ペーストする労力を考えると、、、

TTEditで、もっとうまい方法があるんでしょうかね??
これから数ヶ月、踏ん張りどこですねえ。。


log 200805 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201201 02 03 04 05 06 07 08 09 10 12 
201302 03 04 05 07 08 09 10 12 
201401 02 03 04 05 06 07 09 10 11 12 
201501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201901 02 03 04 05