ここことん。
とり




2016.11.14.(Mon)

*筒井百々子さん

CxNlveaVQAAmQVc.jpg 1920×1440 432K


このところ、筒井百々子さんの漫画作品を買い集めていました。

筒井百々子さんの作品を初めて知ったのは、だいぶ前、たぶん渋谷か中野の「まんだらけ」にて(^^ゞ

店内に置かれていたのが、確か『たんぽぽクレーター』だったと思うのですが、タイトルと絵柄が魅力的だったので、興味をひかれたのでした。

しかし、およそ安くはない価格(それもそのはず、現在もプレミアがついていますから)、知らない作家さんとくると、すぐには手が伸びませんでした。

それでも最近まで、ずっと気に掛かっていて、いつか読んでみたいなと思っていたのです。

それで、ようやっと作品を集め始めました。

『1スウの銅貨』
『たんぽぽクレーター』
『ものまね鳥シンフォニー』
『小さき花や小さき花びら』 
『火星に捧げるデュエット』
『リトル・コンサート』
『グレンデル星座』
『空の上のアレン』

……このうち、『空の上のアレン』以外はすべて揃えました。
(『空の上のアレン』も欲しいけれど……プレミアが(;´∀`)

筒井さんの作品の特徴は、まずそのあたたかでやさしい絵柄と、それとは裏腹に骨太でシビアな展開、音楽や動植物への愛を感じる描写……など、でしょうか。。

特に植物の描写は、少女漫画によくある名もない花としての描写は一切なく、描かれている植物はすべて実在で名前があり、資料を元に描いていると思われ、大変美しいです。

作中に登場するマリブロン、クーボー、ガドルフなどの名前から、宮沢賢治ファンはにやりとできるはず(謎)。

私個人的には、紫堂恭子さん的な雰囲気も感じます。




筒井さんの作品は、随分以前からすべて絶版です。

マイナーな出版社から出版されたもの、倒産してしまった会社から出版されていたものなどもあり、復刊なども一切されていません。

でも、こういう作品、消えていってほしくないですね。。
筒井さんは、世界名作劇場の『ペリーヌ物語』の動画チェックをされていたそうですね。うちの娘はなぜかペリーヌ大好きっ子です。



2016.11.08.(Tue)

*12年目

すっかり11月になってしまいましたが、個人的な記録を兼ねて。

先月25日は、私たちの12回目の結婚記念日でした。

12回めは、絹婚式(または麻婚式)。

きめ細かい愛情と思いやりを忘れずに……といった意味だそうです。

干支もひと回りしてしまったということですね。

早いなぁ(;´∀`)

結婚してすぐに酉年になったのを覚えていますが、12年経ってまた酉年がめぐってこようとしています。

(年賀状の準備を何もしていないけれど)



同じ日、私の36回目の誕生日でもありました。

お祝いを言ってくださった方、本当にありがとうございます。

毎年お祝いを言い合っているわけではないのに、今年は旧友がお祝いのメールをくれて、とても嬉しかったけど、

彼女に何かあったのかな? なんて少し気になりました。

すると体調が悪くて病院にかかったりしていたとのこと。

30も半ばを過ぎると、そういう話題が増えてしまうものなのかもしれないですね……

結婚して遠くに引っ越して、最後に会ったのはもう8年以上前かな? という友人なので、また会いたいです。。

遠くてもちゃんと会いに行かないと、会えないまま、ずっと時間が経ってしまうのですよね。。
亜麻の美しい花(青くて繊細な花なのです)をいつか実際に見てみたいです。


log 200805 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201201 02 03 04 05 06 07 08 09 10 12 
201302 03 04 05 07 08 09 10 12 
201401 02 03 04 05 06 07 09 10 11 12 
201501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201901 02 03 04 05