… 赤い風船 …



27KB





去年(2004年)の暑中お見舞いに描いた絵です。

赤い風船というモチーフはどこか切なくて好きです。

三原順さんの短篇漫画『赤い風船のささやき』がイメージの根底にあるのかもしれません。
(『赤い風船のささやき』は三原順傑作選'70sに収録されています)

「お空を飛びたいのなら 空色の絵の具 塗らなくちゃ」

赤い風船、そんなにまっかではいたずらな鳥に傷つけられるから、空色の絵の具を塗らなくちゃ……というわけなのです、なんだかとてもせつない。

赤い風船は、そのまま主人公の赤毛のバーバラちゃんと重なります。

「ママ! 赤い髪でも私のことが好き?」

「ねぇママ! 灰色のお目々でも」

バーバラちゃんの気持ちは、痛いほどわかります(^^;

きみのその赤い髪と灰色の瞳が好きなんだ、と言って抱きしめたいくらいにゃっ!




Back
Top